無料で手に入るCADソフト Draftsight(ドラフトサイト)の紹介

キャドフォーラムのトップページへ戻る

無料で手に入るCADソフト Draftsight(ドラフトサイト)

Draftsightのロゴマーク

無料で入手できる2次元CADソフト「Draftsight(ドラフトサイト)」。3次元CAD「CATIA」や「SOLIDWORKS」で有名なダッソーシステムズの製品です。(入手はこちらからダウンロード

2次元CADといえば、Autodesk社の「AutoCAD」が市場シェアNo.1を誇っています。DraftsightはそのAutoCADに見た目も操作もよく似ています。AutoCADユーザなら特に迷うことなく、draftsightを扱えますし、その逆も然り。つまり無料のDraftsightの使い方をマスターすれば、広く利用されているAutoCADも使えるようになるというわけです。

DraftSightとAutoCAD

無料のDraftsightとAutoCADは外観も操作方法も非常に良く似ています。派遣会社などの研修では高額なAutoCADから、Draftsightに切り替えるところも出てきました。

Draftsight

Draftsightの画面構成
メーカー ダッソー・システムズ
価格 無料
特徴 AutoCADと見た目も操作感も非常によく似ている。機械や建築など、様々な分野で利用可能。3次元には非対応。

AutoCAD

AutoCADの画面構成
メーカー AutoDesk
価格 LT版は200,000円~
特徴 2次元CADの世界ではシェアNo.1を誇るソフト。LT版とレギュラー版の2種類が用意されており、レギュラー版では3次元にも対応。

CADオペレータは不足気味

CADソフトが無料で手に入る時代になりましたが、それを使いこなせるCADオペレーターが不足しています。

リーマンショックの際に多くの派遣CADオペレータが職を失い、それ以降CADを使いこなせる人材が大幅に減少しました。いまや機械、建築、土木、様々な分野でCADを使える人材が求められています。

東京オリンピックやリニア建設を控えている今だからこそ、CADの操作を理解し、さらなるスキルアップ、転職にチャレンジしてみませんか?

Copyright (C) 2000-2017 CADFORUM All rights Reserved.